第1子出産いたしました!

NEWS

なんというかもう、いのちがすごくて

私事ではございますが、2018年12月6日に長女を出産しましたことを、ご報告いたします。

もう、5ヶ月、だいぶ人間らしくなってきている。首が座り寝返りもできるし、名前呼ぶと100点満点笑顔のお返し。離乳食スタート。
と、驚異的な成長の早さ、す、すごい・・・・・・。そして、何と言っても笑ってしまいそうなくらいかわいい

40歳になる12月13日の私の誕生日1週間前に会えた。

結婚してから彼女に会うまでは決して順風満帆ではなく、果てしなく長い道のりを歩いてきた。彼女を妊娠するまでには辛い想いをたくさん経験。夫婦でそれらを乗り越えてやっと会えたこんにちは赤ちゃん。

山口県宇部にあるケーキショップMITSUGIのアイシングクッキー

山口県宇部にあるケーキショップMITSUGIのアイシングクッキー(ご希望を聞いてつくってくれます♪)

出産は2016年に子宮筋腫の手術をしているため、予定帝王切開。赤ちゃんって本当に「おんぎゃあ」と泣くんですね、笑。手術中、意識はあるので感動が頂点に達し、号泣。

1週間の入院期間はまるでスパルタ合宿のよう……。傷口が痛いのなんて関係ない! 2時間おきに起こされて授乳。でも、赤ちゃんのためならそんなの関係ない!

赤ちゃんというのは心がむき出しだ。自分の想いのまま表現してくる。それに応えてあげたい。愛情をたくさん、たくさん、たくさん注いでいこう。

まだ育児期間は少ないけれど、どちらかというと主人の方が子育てに向いているよう。赤ちゃんを見ているだけで幸せなのに、プラス主人が赤ちゃんをあやしている姿、ミルクを飲ませている姿、オムツを替えている姿、抱っこして散歩している姿etc……。それを見て倍の幸せを味わっている。

会いたくて仕方なかった赤ちゃんなのに、信じられないほど疲れてしまう時もある。1時間のギャン泣きする彼女を感情不在のまま抱きあやす。今はまだ子育て大変でしょ? という問いに「大変と楽しいの繰り返しですね〜」としか答えられないけれど……。これから子育ての本当の意味を知ることになるだろう。

どうか健康で優しく、しなやかに育ってほしい。お母さんは、あなたに会えた奇跡の瞬間を一生忘れることはないでしょう。

「仕事」と「育児」

仕事は大好きだ。育児と同じで好きで始めたのに、信じられないほど疲れてしまう時もあるけれど。フリーランスに産休・育休などない。土日に打ち合わせ(育児は主人にバトンタッチ)、平日は電話かメール、Skypeなどでやりとりしながら基本在宅で進めていく。大変ありがたいことに、こんな状況だけどお仕事をさせていただけるクライアントさんには感謝しかない。

しばらく保育園に通わせる予定はない(来年の4月までは確実に入れない。それ以降はまだ未定)。もし、以下の条件でも大丈夫! という方からのお仕事は全力でさせていただきますのでどうぞ、よろしくお願いいたします。

・打ち合わせは土曜日 or 日曜日 or 祝日
・平日は電話 or メール or Skypeでやりとり
・スケジュール管理ができる仕事。

今年は5年後10年後を見据えて今できることをしていく元年。「仕事」と「育児」。私にはどちらもかけがえのないもの。両者のバランスを考えながら両立させていきたい。そのために立ち上げたここfeuille(フーイユ)。私の聖域として広め伝え残していきたいことを書いてゆきます。あっ、お仕事ブログも「NEWSLETTER LOVERS」。まだ両者、記事がないけれどこれからゆっくりとご愛読いただけると嬉しいです。

ご迷惑をおかけしたお客様へ
この度、不妊治療期間を含め出産までの間、体調不良によって対応が遅れたり、ご依頼頂いたにもかかわらず、対応できず大変申し訳ありませんでした。
今後、もしお仕事をさせていただけるのでありましたら、誠心誠意対応してまいりますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

みんな口には出さないだけだから

私の場合は不妊ではなく不育でした。妊娠してもそれが継続できない。

結婚して子どもを授かる。誰もが当然と思っているであろうこの流れ。が、現在、理由は複雑にたくさんあり、不妊で悩んでいる女性はものすごく多い。子どもがいないだけで劣等感を感じることもある。辛い選択をしなければいけない夫婦もいる。それでも自分の想いに言い聞かせながら前を向いて進んでいかなければならない。

みんな口にして言わないだけ。

今は不妊を解決する方法がたくさんある。しかし、私が一番大切と実感したのは『パートナーの支え』。これにまさるものはない。

ピックアップ記事